もの作りのお仕事

今日の一言

今まで「もの作り」に入るかなーっと思う事は結構やってきました。

音楽を作ったり、料理を作ったり、今は動画制作だったり、プロジェクションマッピングだったり、、、

完成して披露してと、お〜喜んでもらえた!だったり、あれ?イマイチ?だったりと、反応はさまざま。

マーケティングとか心理学とかそういうの抜きにして、なんていうか直感的に僕の中で「いいもの」ができた時の共通点があるので、説明していきますね。

いいもの=特定の人

例えば「いい音楽」を作る時に、誰にとっていい音楽かを考える事。

料理だったらだれにとって「おいしい」と思ってほいいのか。

この「誰にとって」っていうのがとても重要で、できてそうでできてない事が多い。

会社とかでこんな会議をすると、

「誰にとってもいい物」「老若男女が喜ぶ事」だったり、、

これができればいいんだけど、いろんな人がいるのでふわっとしかイメージできません。

結果、できあがった作品もふわっとしている。

次によくあるのが、

「家族」「男の人」「女の人」「若者」などなど

「家族」ぐらいまで絞ると、いい感じでイメージできますよね。

だいたいこの辺のイメージで作る事が多いです。

でも、

もっともっと、しぼってしぼって、

家族だったら5歳の男の子と20代のお母さん、お母さんは子育てにちょっと疲れている、子供は元気いっぱいの男の子とか、

なんだったら、あの子、みたいに名前がわかるならその人特定でもいい。

特定できればできるほど、イメージができて、いいものができるような気がする。

最初はその人だけに作ったものなのに、意外にみんなが気にいってくれて、

結果的に、一番みんなが喜んでもらえる作品になっていたりする。

できあがりのイメージ、喜んでほしい人の顔をイメージできる作品がいいのかなと。

そんな気がします。

どうでしょうか?

みなさんの経験ではどうですか??

●プロフィール

ONE ACTION(プロジェクションマッピング 子供プログラミング教室)

ONE MOVIE(映像素材販売サイト)

代表:儀間博成

沖縄県在住 37歳

沖縄伊良部島で生まれ18歳の時に大阪へ
料理の資格をとり飲食店に働きながらバンド生活
27歳で沖縄へ戻り、会社員へ
32歳で現在の会社ONE ACTIONを立ち上げる
動画素材の販売サイトONE MOVIEは編集用の動画を中心に販売しておりYouTuberに人気がある
適当に仕事をしているがなんとなくうまくいっているようだ。

●プロフィール

ONE ACTION(プロジェクションマッピング 子供プログラミング教室)

ONE MOVIE(映像素材販売サイト)

代表:儀間博成

沖縄県在住 37歳

沖縄伊良部島で生まれ18歳の時に大阪へ
料理の資格をとり飲食店に働きながらバンド生活
27歳で沖縄へ戻り、会社員へ
32歳で現在の会社ONE ACTIONを立ち上げる
動画素材の販売サイトONE MOVIEは編集用の動画を中心に販売しておりYouTuberに人気がある
適当に仕事をしているがなんとなくうまくいっているようだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました