北陽電気の測域センサ UST-10LXとTouchDesigner[HokuyoChop]

北陽の測域センサ(距離を測ってここに障害物があるよーっとか教えてくれる)を使ってインタラクティブアートの基盤となる[タッチ]を設定していきます。

これがなかなかややこしくて、、😅

僕は詳しく説明できません!!このブログ(動画)は自分用でもあります!

こちらのブログを参考にさせていただきました。めちゃめちゃわかりやすいです↓

https://qiita.com/snafkinliberty/items/b917cb02c70c7c95e64b

僕は自分でも忘れないように動画で撮影してUPしていますが、HokuyoCHOPの設定で詳しく知りたい方はブログを読んでください。


測域センサ 北陽センサ UST-10LXとTouchDesignerでインタラクティブアート

まず北陽センサを買ってびっくりしたのが、電源がついてない!!です。

自分で買ってきてつけなければいけません。でもすぐつけれます。

センサ系では常識なんですかね、、初めて買ったのでびっくりしました。

電源がつけばLANケーブルでPCへ繋ぎます。北陽UST-10LXについているLANは短いので延長してください。

測域センサー

初期設定はHOKUYOさんのHPでも確認できますので問題ないと思います。

北陽測域センサ電源の繋げ方↓

https://www.hokuyo-aut.co.jp/products/data.php?id=1

北陽測域センサPC初期設定↓

https://www.hokuyo-aut.co.jp/products/data.php?id=4

ちなみに僕が持っているセンサはこちらです。

電圧とかを間違えないように気をつけてくださいね(アダプタ選ぶ時はお店の人に確認して!)

北陽電機 (HOKUYO) UST-10LX DC12V/24V↓

そしてTouchDesignerを立ち上げ、[HokuyoChop]を置きます。

測域センサは壁に置いてください。そしてプロジェクターとPCも繋いで光が測域センサの上にあたるようにします。

そしてTouchDesignerでポート番号などなど(詳しくは動画で)を合わせると、ニョーンと数値がでてきます。(数値がでてこない場合はHokuyoChop番号の確認・測域センサLANの抜き差しなども試してみてください)

そして、まぁいろいろと設置してあれやこれやして(詳しくは動画で!雑ですいません)数値やプログラムなどなどは一時停止してマネしてください。画像も下に貼り付けておきます。

北陽測域センサを置いた壁を触ったところにプロジェクターの光が来るように認識できました!

この光(数値)を使ってインタラクティブな作品ができます。まずはその基盤ができたようなイメージです。

インタラクティブの作りかたはまた後々UPできたらしまーす。





●プロフィール

FBグループ そうだ!楽しいこと、はじめよう!!!

ぎまパパチャンネル[プロジェクションマッピング・スクラッチゲームの作り方]

ONE MOVIE(映像素材販売サイト)

FaceBook

Twitter

代表:儀間博成

沖縄県在住 38歳

沖縄県宮古伊良部島で生まれ18歳の時に大阪へ
料理の資格をとり飲食店に働きながらバンド生活
27歳で沖縄へ戻り、会社員へ
独学でコツコツとプロジェクションマッピング・映像制作・プログラムを勉強
32歳で現在の会社ONE ACTIONを立ち上げる
中城城跡プロジェクションマッピングや体験王国むら咲むらのプロジェクションマッピングを制作
その活動は映像制作だけにとどまらず、オンラインサロン・映像販売サイト・子供プログラミング教室・YouTuberなど幅広く手がける
周りの助けに感謝!今日もありがとう⭐️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA