照明DMXライトを制御[touchdesigner][madmapper]

照明DMXライトの制御方法

プロジェクションマッピングソフトmadmapperや、ノードベースプログラムのtouchdesignerを使って、照明DMXライトを制御する方法をUPします。

DMXライト専用のアプリケーションではないので、映像で制御したり、声や音に反応させる事ができるようになります。

madmapper 照明DMXライトを操作する方法

プロジェクションマッピングソフト madmapperで照明DMXライトを操作・制御してきます。

使用した機材/環境 ・DMXライト × 2台 ・DMXking ultraDMX Micro ・mac book pro ・madmapper ultraDMX MicroはDMX(MIDI)信号をUSBに変換してPCに接続できます。

WIndows/macでも特にダウンロードなども必要なく使用する事ができました。

詳しくはこちらのHPより↓
株式会社ラセンス[DMX kingの国内唯一の正規代理店]
https://dmx.lasens.com/products-4/

macにDMXking ultraDMX Microを接続して、madmapperの環境設定より接続を指定するだけですぐに繋がりました!

コンパクトだしめちゃくちゃ便利です!

madmapperでDMXライトを制御できれば映像で制御できるので、プロジェクションマッピングとのコラボレーションにも使えそうです。

今回ライトは2台だけでしたが、もっと数を増やして演出してみたいと思います。

Touchdesigner 照明DMXライトを操作する方法

今回はDMXライトのRGBを分割してスライダーで制御させてみました。

Touchdesignerを使うと映像でライトを制御するだけでなく、音に反応したり、カメラに反応したりとインタラクティブにも活用できそうです。

Touchdesigner チュートリアル DMXライトを音に反応させる方法 [インタラクティブ]

TouchdesignerとDMXライトを使って、リアルタイムの音(音楽)に反応するプログラムの作り方を紹介します。 ※声にも反応します。

Touchdesignerで音に反応する作品が作れたら、後はその数値をchopに変換して、RGBで分けて繋いでいきます。

最初は数値が低いので、Mathで最大255まで上げてください。

もっと細かく音分けた作品をTouchdesignerで作って変換すればもっと面白い作品になると思います。

Touchdesigner tutorial動きに反応するDMXライトの作り方・制御方法[インタラクティブ]

TouchdesignerとDMXライトとWEBカメラを使って、リアルタイムの映像[インタラクティブアート]にリンクするプログラムの作り方を紹介します。

WEBカメラとTouchdesignerを使ってインタラクティブな作品が作れたらあとはそれをchopに変換し、DMXライトへと繋いでいきます。

動きに反応してDMXライトも光るようになります。

真っ暗な場所に赤外線カメラを置いて、人が歩いたらDMXライトを反応させる演出ができます。


●プロフィール

ぎまパパチャンネル[プロジェクションマッピング/Scratch/TouchDesingnerの使い方/VJ]

FaceBook

Twitter

代表:儀間博成

沖縄県在住 40歳

沖縄県宮古伊良部島で生まれ18歳の時に大阪へ
料理の資格をとり飲食店に働きながらバンド生活
27歳で沖縄へ戻り、会社員へ
独学でコツコツとプロジェクションマッピング・映像制作・プログラムを勉強
32歳で現在の会社ONE ACTIONを立ち上げる
中城城跡プロジェクションマッピングや体験王国むら咲むらのプロジェクションマッピングを制作
その活動は映像制作だけにとどまらず、絵本制作/イベント企画/子供プログラミング教室/YouTuberなど幅広く手がける
周りの助けに感謝!今日もありがとう⭐️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA