嫌われる勇気を勘違い

今日の一言

嫌われるのを怖がって、我慢したり、話を合わせて無理するより、

もともと話あわないならほっとけ、ほっとけ、

自分の意見いって、自分のやりたいように生きる方がいい。

っという事ですよね。

よく本で目にしますし、TVで出演する人も自分の意見をズバッという人が増えたような気がします。

ホリエモンさんもズバズバしてやっぱりかっこいいし、自分もそうなりたい。

でも、

ズバズバって言う、言える人の中には

あれ?それは違うんじゃない??って感じる事もあるので、

書いていきたいと思います。

嫌われてもいいと、どうせ嫌われる

さっきも書きましたが、ホリエモンさんかっこいいです。

ズバっと感半端ないし、敵も多いだろうけど、ほっとけ感もかっこいい。

僕なりに解釈したのがこれは

嫌われてもいい、ほっとけ。

です。

自分の言いたい事言うけれど、別に相手も否定しないし、意見合わないならほっとくし、嫌いになるならどうぞ、ご勝手に。

です。

嫌いになるなら、どうぞご勝手に→ここ肝心

それとは別に、

このタイプ、

どうせ嫌われる、私の言う事が正しい!

もう初めから嫌われる前提。そして自分の意見を相手に通そうとする人

ん〜それは違うよね👆

はっきり自分の意見を言えるのは素晴らしいけど、無理に押し通すのはちゃうやん!?

しかも自分の事を「初めから嫌われ役」と決めている。

わざわざなんで??

でも会社に一人はいたような、、、

自分の事を、「私はっきりいいますよ。嫌われ役ですし」っていう人。

この人のもともとの性格ならば、しかたありません。

自分の中の、ほっとけ部類にいれておきましょう😛

でも、僕と同じように、本とかに影響されて、自分を変えようってなった人は、

嫌われてもいいんだ!人に合わすのやめよう🔥

どうせ嫌われる。俺に合わせろ🔥

自分がどっちになりなかったのか、ゆっくり考えてみましょう😊

●プロフィール

ONE ACTION(プロジェクションマッピング 子供プログラミング教室)

ONE MOVIE(映像素材販売サイト)

代表:儀間博成

沖縄県在住 37歳

沖縄伊良部島で生まれ18歳の時に大阪へ
料理の資格をとり飲食店に働きながらバンド生活
27歳で沖縄へ戻り、会社員へ
32歳で現在の会社ONE ACTIONを立ち上げる
動画素材の販売サイトONE MOVIEは編集用の動画を中心に販売しておりYouTuberに人気がある
適当に仕事をしているがなんとなくうまくいっているようだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました